犬 混合ワクチン 6種と9種どっちがいい?

エフ・筑紫通りペットクリニックでは2種類の犬の混合ワクチンを使用しています。

6種混合ワクチン(キャナイン6Ⅱ)と9種混合ワクチン(キャナイン9Ⅱ)です。ともに京都微研という日本のワクチンメーカーが製造しています。

日本の動物病院で取り扱われている犬用の混合ワクチンはたくさんありますがほとんどがこの2つのタイプで京都微研以外は外国のメーカーです。

6種混合ワクチンでは

①ジステンパーウイルス

②犬アデノウイルス(犬伝染性肝炎)

③犬アデノウイルス(2型感染症)

④犬パラインフルエンザウイルス

⑤犬パルボウイルス

⑥犬コロナウイルス

9種混合ワクチンでは

6種ワクチンプラス

⑦レプトスピラ カニコーラ

⑧レプトスピラ コペンハーゲニー

⑨レプトスピラ ヘプトマディス

の3つのレプトスピラの血清型が加わって9種類になります。

Qどっちの混合ワクチンがいいの?

9種混合ワクチンはすべてを網羅しているので9種混合ワクチンが一番良いと思います。

しかし、レプトスピラの予防は必要なのか?というと必要ないワンちゃんもたくさんいます。

そもそもレプトスピラとは?ネズミが持っている病気で多くの哺乳類が感染します。人も感染します。

感染すると重症になり、死亡することもあります。とても怖い病気です。犬では時々発生している病気です。

日本の法律では危険な病気のため届出伝染病に指定され発生した場合保健所に届けなければならない病気です。

どんなところで感染するかというと、川や畑、田んぼ、山などネズミが生息する水辺が危険です。

その地域では土壌が汚染されているため、地域によって多く発生しているところと、ほとんど発生がないところに分かれます。

発生の多い地域の動物病院では9種混合ワクチンを使用することが多いと思います。

福岡市内でも発生している地域はあるようです。福岡県内は全国で見るとかなり発生が多い地域になります。

犬の散歩コース、遊びに行く場所、生活のスタイルによって6種ワクチンか9種ワクチンか考えてみてください。

*最近新しいワクチンが開発され、レプトスピラの血清型が増えた10種ワクチンや11種ワクチンも出てきています。

当院では今のところそれらのワクチンは使用していません。

タグクラウド

 特集

 カードのご利用について

現金でのお支払いはもちろん、各種クレジット「日本ダイナースクラブ、UFJカード、アメリカンエキスプレスカード、VISAカード、マスターカード、ニコスカード、ディーシーカード」でのお支払いもご利用頂けます。

 ペット保険対応動物病院

各種ペット保険にも対応しております。詳しくは当院までお問い合わせください。

 アクセス


大きな地図で見る

〒812-0016
福岡市博多区博多駅南6-1-10
ウィル・ブ105号

 

・サイトマップはこちら