猫の混合ワクチン接種

猫の混合ワクチン接種について

ペットショップで子猫を購入された場合、通常1回~2回の混合ワクチン接種が終わっていることが多いようです。

この混合ワクチンには種類があります。また製造するワクチンメーカーもたくさんあり、そのメーカーごとに2種類から数種類の猫用ワクチンを製造しているためかなりの種類のワクチンが存在します。ただし、何の感染症に対するワクチンなのかで考えると大きく3つに分けられます。

①3種混合ワクチン(猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症):3種類のウイルス感染症を予防するためのワクチン。当院で使用しているのは生ワクチン不活化ワクチン混合です。

② ①に猫白血病ウイルス感染症(4種混合ワクチン、ワクチンメーカーによっては猫クラミジア病も加わる(5種混合ワクチン))の混ざった混合ワクチン。当院で使用しているのは5種混合ワクチン。

③FIVワクチン(猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)(猫エイズ))1種類のみのワクチン。(当院では在庫がないためFIVワクチン接種を希望の場合は事前に予約が必要です。)

 

ペットショップやブリーダーさんで購入された場合は、次に〇月〇日ころ、動物病院でワクチン接種を行ってくださいと言われるケースが多いと思います。

子猫を拾った、または譲り受けた場合は生年月日がはっきりせずいつ何をしたらよいかわからないことが多いと思います。

混合ワクチン接種は生後2か月で1回目を行い、その3週間後に2回目の接種を行いますが、生年月日が不明な場合は体重でおおよその生年月日を推測しています。栄養状態によっても変わりますが、体重約1kgになった時点を生後2か月とみなし、混合ワクチン接種を行っています。

ただし、体調が悪かったり、すでに感染症にかかっていたりすると混合ワクチン接種はできないため、潜伏期間、環境変化によるストレスのことも考えて、家に来てから1週間以上たってから混合ワクチン接種を行っています。

混合ワクチン接種で来院された場合、まず確認させていただくのは名前や生年月日はもちろんですが、いつ家に来たか(ペットショップ、ブリーダーさんなどから購入されたまたは譲り受けた日付)、ワクチン接種の有無種類接種日、です。これらの情報によりその子の感染症に対する免疫状態を把握して、これからのワクチン接種の予定を考えます。

何種混合ワクチンをいつ注射したらよいかは、今後どのような環境で生活するか?同居の猫がいるか?その子は感染症の検査を受けたことがあるか?などをお聞きして、決定いたします。

 

タグクラウド

 特集

 カードのご利用について

現金でのお支払いはもちろん、各種クレジット「日本ダイナースクラブ、UFJカード、アメリカンエキスプレスカード、VISAカード、マスターカード、ニコスカード、ディーシーカード」でのお支払いもご利用頂けます。

 ペット保険対応動物病院

各種ペット保険にも対応しております。詳しくは当院までお問い合わせください。

 アクセス


大きな地図で見る

〒812-0016
福岡市博多区博多駅南6-1-10
ウィル・ブ105号

 

・サイトマップはこちら