猫の去勢手術

最近猫の去勢手術についての問い合わせや、手術依頼が増えています。

まず、よく聞かれることは費用について、猫の去勢手術の費用は各動物病院さまざまです。手術に伴うケアがそれぞれ違うため(血液検査を行うか行わないか、入院をするかしないかなど)大きな差が出てしまうかもしれません。

去勢手術はとても簡単で、短時間で終わりますが、手術を行うまで準備が大変です。

使用する手術器具の滅菌を行います。麻酔器、モニターの点検を手術前に行います。

手術室は手術以外に使用しないため、なるべくクリーンな状態に保つように心がけています。しかし、手術の猫が、ノミなどの寄生虫や、ウイルス感染などを持っていると、手術室内での院内感染を起こす危険性があるため、手術の予約前に健康状態のチャックを行っています。

また、動物病院では日々、ウイルス性の感染症にかかった猫が来院するため、入院中に院内感染を起こすことがないように必ずワクチン接種を1年以内に行っていることを確認させていただいています。

そうしたうえで、手術当日に血液検査を行い、貧血がないか、肝障害や腎臓の障害がないかチェックをします。この時、異常が認められた場合、手術が中止になったり、延期になったりする場合もあります。異常が認められない場合はこのままお預かりをして、12:00ころより麻酔の導入を開始します。

麻酔の導入は、鎮痛剤、鎮静剤、麻酔導入剤を混ぜた混合液を後ろ足の血管からゆっくりと注射します。すぐに意識がなくなり麻酔状態となります。この時、自分で呼吸ができる状態です。

すぐに毛刈りを行い、消毒を行って、きれいな状態になってから手術室へ移動します。

猫の口に麻酔用のマスク(麻酔ガス、酸素の吸入のため)を口に装着します。手術中に覚醒しないように麻酔ガスを嗅がせます。

心電図や血圧計、血液中の酸素濃度を測るクリップを装着し、手術中の呼吸状態や心臓の状態を麻酔担当の係りが記録を取りながら管理を行います。この時麻酔導入剤の入れすぎなどにより呼吸が停止した場合は直ちに、気管チューブを装着し人工呼吸器にて肺への酸素供給を開始します。(このため特に大きな問題はありません。)

ようやく準備が整うと、手術者は手をブラシでよく洗い、電解水で消毒して滅菌グローブを装着して手術が始まります。手術はすぐに終わります。猫の去勢手術は皮膚の縫合を行わないため、抜糸の必要はありません。手術後にしばらく手で圧迫することですぐに出血も止まります。

手術が終わると麻酔ガスを止めしばらく覚めてくるまで酸素の吸入を続けます。

しばらく心電図や血液中の酸素濃度の観察を続け、猫の目が覚めはじめ、モニターに異常が認められなければ、入院室に移動します。この時麻酔によりかなり体温低下しているため、体温が安定するまで動物看護師が5分ごとに体温測定と、術部からの出血状態、意識の改善が順調かどうかチェックを行います。

手術後の状態が問題ないかを確認するため1泊入院として、翌日体温測定、出血のチェック、意識状態、食欲を確認し、また手術部からの感染を防ぐ目的で抗生物質の注射を行います。

ようやく退院です。

タグクラウド

 特集

 カードのご利用について

現金でのお支払いはもちろん、各種クレジット「日本ダイナースクラブ、UFJカード、アメリカンエキスプレスカード、VISAカード、マスターカード、ニコスカード、ディーシーカード」でのお支払いもご利用頂けます。

 ペット保険対応動物病院

各種ペット保険にも対応しております。詳しくは当院までお問い合わせください。

 アクセス


大きな地図で見る

〒812-0016
福岡市博多区博多駅南6-1-10
ウィル・ブ105号

 

・サイトマップはこちら