犬の乳腺腫瘍

犬の乳腺腫瘍は日常診療でよく目にする腫瘍です。

避妊手術をしていない7歳以上の雌のワンちゃんでよく見られます。

乳腺に米粒から小豆大の大きさのしこりで気づかれ、来院されることが多く、これまでの経過によって、

すぐに手術する場合や、投薬によって経過を見る場合、何もしない場合など対処は様々です。

というのもしこり=腫瘍ではなく、ばい菌の感染によって腫れている場合や、発情に伴うホルモンの影響によって腫れている場合もあり、

手術をしなくて治ってしまうしこりも時々あります。

ですので、しこりを見つけたらすぐにすべて手術をするというわけではありません。

ただそれぞれに傾向がありますので、乳腺腫瘍の疑いがすごく高い時は、初めから手術のお話をして時期を見て手術を行っています。

犬の乳腺腫瘍は50%が良性、50%が悪性と言われています。

悪性の場合でも、転移する前に手術してしまえば完治してしまいますので、手術が早ければ早いほど完治する可能性が高くなります。

タグクラウド

 特集

 カードのご利用について

現金でのお支払いはもちろん、各種クレジット「日本ダイナースクラブ、UFJカード、アメリカンエキスプレスカード、VISAカード、マスターカード、ニコスカード、ディーシーカード」でのお支払いもご利用頂けます。

 ペット保険対応動物病院

各種ペット保険にも対応しております。詳しくは当院までお問い合わせください。

 アクセス


大きな地図で見る

〒812-0016
福岡市博多区博多駅南6-1-10
ウィル・ブ105号

 

・サイトマップはこちら