犬、猫の嘔吐、下痢

最近、犬、猫ともに嘔吐、下痢がすごく増えています。

一年を通して下痢、嘔吐はよく見られる症状の一つです。

冬に気温が下がってくると、嘔吐、下痢を理由に来院されるケースがとても増えました。その原因は様々ですが、気温の低下が体調を悪くさせている原因の一つとなっているようです。

高齢の場合や、他の慢性疾患を持っている場合、または元気や食欲がなくぐったりしていたり、嘔吐、下痢が数日続いていたりする場合は、単なる胃腸炎ではなく、内臓疾患からの嘔吐、下痢の場合もあります。

異物を飲み込んで腸閉塞を起こして嘔吐する場合、初めは食欲があり、元気もありますが、食べたり飲んだりするとすぐ嘔吐します。

ただ嘔吐といっても、軽症なケースから重症なケースまでいろいろあり、それだけで原因がわかるものではありません。しかし、飼い主さんからお聞きするお話し(嘔吐する前の状況や嘔吐した時間や回数、吐物の内容など)から、多くの情報が得られ原因を突き止めるカギになることもあります。

嘔吐や下痢の症状で来院された場合、まず飼い主さんに経過をお聞きして、身体検査を行い、腹痛や脱水の程度、腸の中の塊(異物、腫瘤、糞便)がないかなどを確認して、糞便検査を行い。状況に応じて、追加検査(血液検査、エコー検査、レントゲン検査など)を行うかどうかを判断して。その結果を見て総合的に判断し、入院治療にするかまたは点滴、注射、内服薬、無処置、にするかを決定します。

タグクラウド

 特集

 カードのご利用について

現金でのお支払いはもちろん、各種クレジット「日本ダイナースクラブ、UFJカード、アメリカンエキスプレスカード、VISAカード、マスターカード、ニコスカード、ディーシーカード」でのお支払いもご利用頂けます。

 ペット保険対応動物病院

各種ペット保険にも対応しております。詳しくは当院までお問い合わせください。

 アクセス


大きな地図で見る

〒812-0016
福岡市博多区博多駅南6-1-10
ウィル・ブ105号

 

・サイトマップはこちら