マイクロチップ

マイクロチップとは直径約2mm、長さ12mmの円筒形のガラスのカプセルで、小さな電子標識器具です。

埋め込み方法

背中の皮膚の下に専用の注射器で挿入します。

皮下注射と同じ要領ですが、針がかなり太いのでちょっと痛いと思います。

目的

個体識別番号がマイクロチップ内に標識されているため、迷子になった動物が動物病院や保健所などに持ち込まれた場合に、そこでマイクロチップリーダーで読み込みます。その番号をAIPOに問い合わせして、飼い主さんを突き止めることができます。

注意

ペットショップで子犬や子猫を購入された場合に、マイクロチップ挿入済みの子が増えてきています。マイクロチップ挿入だけでは迷子時の個体識別には役立ちません。

必ず、購入時にAIPOに登録しましょう。

タグクラウド

 特集

 カードのご利用について

現金でのお支払いはもちろん、各種クレジット「日本ダイナースクラブ、UFJカード、アメリカンエキスプレスカード、VISAカード、マスターカード、ニコスカード、ディーシーカード」でのお支払いもご利用頂けます。

 ペット保険対応動物病院

各種ペット保険にも対応しております。詳しくは当院までお問い合わせください。

 アクセス


大きな地図で見る

〒812-0016
福岡市博多区博多駅南6-1-10
ウィル・ブ105号

 

・サイトマップはこちら