フィラリア予防に注射

フィラリア予防薬にはいろいろなタイプがあります。

・錠剤

・おやつタイプ

・スポットタイプ(液体で肩甲骨の間の皮膚に垂らす)

・ゼリー状(食事にかけて与える)

などがあり、予防期間は地域によって様々ですが蚊の発生時期に1か月ずらして投与を開始します。

また、投与間隔はどの製剤も1か月に1回の投与が必要になります。

・注射

による予防法もあります。これは1回の注射で6か月持続のタイプと12カ月持続のタイプがあります。

当院では、今年より12カ月持続のタイプの取り扱いを開始しました。ただし、2月~3月の間でのみ取り扱っています。

安全性について、

注射であること。12カ月持続すること。を考えるとやはり他の製剤に比べ少し体への影響があると思います。

副作用の発現は一般的な犬用ワクチンと同じ程度と認識しています。

これらのことから、当院ではこれまで毎月のフィラリア予防薬の投与をきちんと忘れずにされている方にはお勧めしていません。

これまで通り、飲み薬またはスポット剤による予防をおおすすめしています。

しかし、予防薬の飲み忘れがある方にこの注射による予防をお勧めしています。

タグクラウド

 特集

 カードのご利用について

現金でのお支払いはもちろん、各種クレジット「日本ダイナースクラブ、UFJカード、アメリカンエキスプレスカード、VISAカード、マスターカード、ニコスカード、ディーシーカード」でのお支払いもご利用頂けます。

 ペット保険対応動物病院

各種ペット保険にも対応しております。詳しくは当院までお問い合わせください。

 アクセス


大きな地図で見る

〒812-0016
福岡市博多区博多駅南6-1-10
ウィル・ブ105号

 

・サイトマップはこちら